テレフォンセックス
テレフォンセックスTOP > 秋田テレフォンセックス
オススメサイト

  • テレフォンセックス体験談

    エロいことを求めるなら人妻。出会い系やテレクラを利用して、自分の欲求を見たいしたいのであれば、人妻に限る。若い子に比べると経験もあることから、感情を表に出しやすく、そして我慢できなくなる。エロ路線に人妻を乗せた時、ほぼ各駅停車することなく、目的まで辿りつくことができるだろう。

    この日もやはり人妻

    秋田センターに繋げ、人妻を待つ。3回ほどチェンジを繰り返し、当たりを引いたのは34歳人妻。年相応の落ち着いた声をしているが、まだかわいらしい声をしている人妻だ。

    「エロいことしたいんだ?」そう聞くと「え、はい」と戸惑うような人妻である。「今自分が触りたいってとこどこ?」と聞くと「おっぱい触りたい」というので「好きに触っていいよ」と返す。そうすると彼女の方から「一緒に触ってくれますか?」と催促。もちろん拒否する理由もなく、彼女の胸を触るバーチャルなテレフォンセックスとなる。

    疑似セックスこそテレフォンセックスの醍醐味

    相互オナニーも良いテレフォンセックスだが、やはりテレフォンセックスをするならバーチャルセックスだ。こちらも乳首を舐める音を立てててあげると彼女もかわいい声を上げる。こんなやり取りが堪らない。

    「フェラしたい」と今まで敬語を使っていたのに、自分の欲望に負けるおねだりをし始めた。こういう部分が人妻は堪らないのである。「好きなように舐めていいよ」そう言うと「チュパチュパ」とエロアニメの声優が出すようなうまい音を立てる。テレフォンセックスに慣れている人妻だ。

    「上に乗りたい」というので「好きなところに当てて気持ちよくなっていいよ」と言う。喘ぎ声が激しくなる。そして吐息も淫らになる。途中携帯電話を落としたようで大きな音が俺の電話口に響く。本当にバイブか何を入れて騎乗位をしているような激しさだった。

    満足できるテレフォンセックスだったが、その次がある。今度は体の相性を試したいようだ。だからこそ地域別のセンターに繋げるのが良い。今はテレフォンセックス仲間というより、セフレとして彼女と一緒に楽しんでいる。


    上へ戻る